6月シフト、植物、虫、酒。

Bar一般保護例外の6月シフトが出ました。
Bar一般保護例外は7月1日に8周年を迎えますので、6/29(金)~7/2(月)は周年パーティーモードになります。周年シフトは下記の通り。

6/29(金) くろみ
6/30(土) あーちゃん
7/1 (日) くろみ
7/2 (月) ほのか

周年パーティー期間はふだん来にくい人たちも来店されるかと思いますので、いろいろな人たちと乾杯を交わして楽しんでくださいませ。チャームもちょっとだけ豪華になっています。
チャージは出たり入ったりしても1回しかかかりませんので、この機会に三ツ寺会館のいろんな店も楽しんでくださいませ。
私は7月1日には在店しようかと思います。

こんなトコ読んでる諸氏は既にご存知のとおり、私は最近ハーブを育ててハーブティーにして飲むという仙人のような趣味をしている。
さらに収穫を増やそうと、「挿し芽」で株を増やし始めてもいる。
失敗を想定して多めに挿し芽をしたら植木鉢の数より多くの苗ができてしまったので、旧友のミサキちゃん(の母)に、おすそ分けすることにした。

ゴディバの紙袋がちょうどいいサイズである。

残りは最近ガーデニングを始めたという、いっきゃんにおすそわけした。

ミントはもうちょっと増やしてみよう。

サボテンもアロエも増えている。

祟り神サボテンに花が咲いた。

このサボテンにツタが巻き付いていた。巻き付かれて引っ張られるサボテンも、トゲトゲに巻き付いているツタもどっちも痛そうだ。ほどいてサンルーフの柱にからみつけた。

葉が大きいのでシソではないかという疑惑のあった、こいつはレモンバームであることが判明した。
ほじくり返したらレモンバームの香りがして、でかい葉を刈って明るいところに移動したら、普通の葉のサイズのレモンバームになった。

うちのアジサイは赤い。珍しいのか「赤いなぁ!」と通りかかる近所の老人たちがコメントしていく。アジサイは土が酸性だと青く、アルカリ性だと赤くなるという。うちの土は市販の培養土で、土壌計で測ったところPH6.5で中性に近い弱酸性、多くの植物はこのくらいを好む。ということは、そもそもこのアジサイは赤い種類ということなのだろう。挿し芽で増えるらしいから増やしてみようかなと思ったが、母がいらないという。まぁ、アジサイが何個もあっても食えるわけでもないしな。

庭のプランターで「大きい赤いアリ」を見つけたので、これは噂の「ヒアリ」ではないかと思って捕まえた。
堺市はセアカゴケグモも繁殖しているので外来生物は来やすい場所だろう。しかし、そもそも堺にヒアリがいるのかと検索したところ発見例は見つからなかった。ということは、これがヒアリだったら「堺で最初に発見されたヒアリの標本」になるわけだ。それは博物館レベルの出来事ではないかと思って、試験管に入れて無水アルコールに漬けた。普段は電子部品の洗浄に使う道具だ。
わだ宅には普通の家に無いようなものが色々ある。
大人でも昆虫採集ができるぞ。

「ヒアリの見分け方」のホームページを読みながら観察してみた。ヒアリの特徴である背中の突起2つ、というのが無い気がする。頭も黒い。とはいえ「日本にいるアリ図鑑」の中では比較的ヒアリに似ているぞ。こいつは何だ。新種か?と思ってTwitterに書いたら、観賞用小動物のプロから返信があった。

「Bar FOG」の、さのっちによると「ヤガタアリグモ」だろうとのことだ。クモだって!紛らわしい恰好してやがるな。クモである可能性は想定してなかった。さすがプロである。
珍しくはあるだろうが、このクモに歴史的な価値はなさそうなのでティッシュで丸めて捨てた。

レモンバームの葉の上にデカい蚊がいるなと思ったが、よく見たら小さなカマキリだった。あんまり見ない色だなと検索したら「コカマキリ」という種類のようである。
カマキリは肉食性で植物を食べないので、植物をかじりに来るバッタから花壇を守ってくれるだろうとそっとしておいた。
バッタと芋虫は見つけたら殺す。

このコカマキリ君は、レモンバームの鉢を住処にしているようで、探してみたらこの4日間いつも同じ鉢にいる。右下に落ちているのは、私がプレゼントしようとした蚊である。蟻を捕まえてピンセットであげようとしたら逃げたけど、その後、また同じ鉢で発見した。

さっき、別の鉢のレモンバームにも、別のコカマキリがいるのを見つけた。コカマキリはレモンバームが好きなのか??もっと草食の虫が寄ってきやすい植物はいくらでもあると思うんだけど、身を隠しやすそうな葉の具合がいいのかな。バッタにかじられやすいスペアミントやセージやタイムも守ってくれないかな。

ガガンボもいた。蚊も多いが、でかいのもいる。

ミスジチョウかな。アゲハチョウとモンシロチョウの間くらいのサイズで、最近これが多い。蝶はいろんなヤツが飛んでいる。花壇を荒らすのはモンシロチョウの幼虫のような青い芋虫なんだけど、こいつよりシーズンの早い蝶だろうな。

すごい飲み放題を見つけた。1290円(税別)で時間制限なしで種類も設備も豊富、自動生ビール注ぎ機や日本酒熱燗サーバーやソーダサーバーもあるし、充実のセルフ飲み放題である。
自動ビール注ぎ機の注ぐビールが間違いない感じで美味い。中ジョッキってロスと管理コストを別にしても原価で200円くらいはするよな。生ビールを延々飲み続けて、原価レベルでトントンくらいまで飲んだ気がする。我々ほど長時間にわたって卑しい飲み方をする客は他にいなかったので、店としては採算が合っているのだろう。

メニュー表やホームページには時間制限が記載されていて、店頭でPOPがあるだけなので、こっそりやってるのかな。
酒クズが殺到して時間制限が適用されるようになっても困るので、ネットで店名は書かないでおこうと思った。

おっぱい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。