11月/CLANNADは人生。

Bar一般保護例外、2019年11月のシフトが出ていました。
いつものように最新情報は当日のBar一般保護例外Twitterでご確認ください。

10月1日より、チャージを400円に値上げしています。

11月8日(今晩)、久しぶりに初期メンバーの「みずきん」が入る予定です。

前回ブログ更新以降、インフルエンザの予防接種を打ちに出た以外、特に外出もせず、AmazonプライムVideoでアニメを観たり、調べものをしたりして過ごしている。

今期のやつは「けものみち」と「のうきん」と「慎重勇者」と「ぼく勉」を観ている。
私は、あんま複雑なストーリー性のない、なんてことないチャンバラが観やすくて好きなのだが、この手のやつはストーリーも絵柄も声優も似ているので、ときどきキャラが他のアニメの登場人物とごっちゃになる。

他は、主に「prime 見放題が終了するTV番組」から観ていっている。
9月・10月・11月は結構みているぞ。

9月以降にみたやつ↓ (みた時点ではAmazonプライムで無料だった。)

この素晴らしい世界に祝福を!(このすば)」

ありがちな異世界転生モノの中で、デキがいいやつ。
お約束ギャグやパロディがかなりの密度で詰め込まれている。若いコよりJRPGを長いことやっているオタクのオッサンのほうが笑える箇所が多いんじゃないかな。
私が観たコミカルな転生モノの中では、これがいちばん面白い。
シリアスものも含めたら「リゼロ」か「幼女戦記」かもしれないけど。

盾の勇者の成り上がり(たてのゆうしゃのなりあがり)」

胸糞悪い奴らがたくさん出てくる異世界転生モノ。
主人公は、怒りに駆られている割に立場の弱そうな女子たちでハーレムつくってて、この主人公、虐待を始めるのではないかと心配したが、そういう展開にはならなかった。
後のほうになってくると、テンポがよくなってきて面白くなってきた。
幼女キャラに「ご主人様」と呼ばせるのは気色悪い気がする。

りゅうおうのおしごと!

幼女ハーレムもの、というジャンルがあるのだろう。理解しがたい。
・・・これに出てくる幼女と。「盾の勇者」の幼女と、声優の人がいっしょだった。幼女に「お師匠様」とか言わせている。あの声が苦手かも。

現代の日本の将棋界の若手天才棋士が主人公のラブコメである。
面白いキャラはたくさん登場するが、幼女、必要??

モンスター娘のいる日常(もんむす)」

怪物ハーレムもの、なんだろう。しっかりとラブコメである。
レビューも良いし、12話だけだし、と観始めたものの、割ときつかった。女子キャラの過剰な演技で主人公がモテまくるのがコメディ要素なんだけど、観てるだけでこそばくて、24分がすごく長く感じた。

ゾンビランドサガ

ゾンビー女子たちがアイドル活動をするギャグアニメ。
OPがカッコいい。ところどころ、いろいろカッコいい。
よくできている。

鬼滅の刃(きめつのやいば)」

Bar#78(バー・ナナジュウハチバンチ)の寺町マスターが面白いというので観ることにしてみた。

大正時代の日本のチャンバラもので敵が鬼、というのも良いし、人は死ぬし残酷な描写もあるけど不必要に暗くないし、アニメの造りもいい。そりゃ人気出るな、と思った。

アカメが斬る!(あかめがきる)」

「鬼滅の刃」とテイストが似てて、こちらのほうが古い。
コメディ要素は少なく、話は暗いめ。
「鬼滅の刃」のほうがキャラの独創性が強くてアニメもお金がかかっている気がする。

私はこういう、バトルとアクション多めのアニメは好き。

精霊の守り人(せいれいのもりびと)」

転生しないしJRPG世界観でもなくオリエンタルな異世界もの。
アニメーションが異様にきれい。さすがNHK、カネを持っている。
笑える楽しい話ではないのに世界観にオリジナリティがあって、アニメの描写や造りが丁寧で、一話観終わると次が観たくなる。
この作品はノーチェックだった。

魔法使いの嫁(まほうつかいのよめ)」

タイトルから異世界モノかと思っていたら、まさかの現代モノだった。
舞台は魔法使いがいて、スマホは出てこない程度に現代のイギリス。
ハリーポッターっぽい世界観だけど、話はずいぶん違う。

悪者は悪いけど、味方がやさしく強いので、ゆるく観ていられる。
続きが観たい。

英國戀物語エマ(えいこくこいものがたりエマ)」

第一次世界大戦の前のイギリス、すっごい階級社会でディストピアだけど絵面がよろしい感じの世界観が描かれる。
最底辺階級で働き者でメガネ美人のメイドのエマさんが、ジェントルの息子と身分違いの恋をして騒動になる話。エマさん、そのうちキレて大暴れする展開を予想したけどそういうこともなくゆっくりと時間が流れる話だった。いい話かどうかはわかんないけど、ずっと観ていられる。

SSSS.GRIDMAN(グリッドマン)」

「ウルトラマン」の円谷プロの怪獣アニメ。ことあるごとにウルトラマンの話をする。ウルトラマンって、そういう考えで作ってたんだ、と勉強になることも言っている。「怪獣は人が作る」。
巨大変身ヒーローではなく巨大合体ロボットなところが違う。
ロボットものにしては新しいので、今風で観やすい。

こみっくがーるず

「まんがタイムきらら系」の、ゆるいやつの中では面白い。女子しか出てこない系のやつは、いまいち感情移入しにくいんだけど、これは過剰にきゃぴきゃぴしていないので観やすい。
夜中に酒のみながら観てたら、一気見してしまった。

NEW GAME!(ニューゲーム)」

これも「まんがタイムきらら系」の、女子しか出てこないやつ。
ゲームソフト制作会社の話なので、あまりゆるくはない。
私も学生の頃にゲームメーカーでバグチェックのアルバイトをしていて、バグチェックの現場は、あんな感じだった。当時はVHSビデオだった。
実際は気難しい感じの男だらけである。女子が数人いるときもあった。

ノーゲーム・ノーライフ

異世界転移から始まる話なのだが、「戦いは全てゲームで行う世界」なので話の進み方がチャンバラものとずいぶん違う。
エピソードひとつひとつがユニークで面白い。

ようこそ実力主義の教室へ(よう実)」

頭脳ゲームがモチーフの学園もの。カシコが個人で実力を競い合うのでなく、団体戦なところで新しいゲーム性を生んでいる。これが何で面白いのかなぁと考えたら、話はミステリじゃないんだけど「サスペンスとミステリの手法」をうまく使っているからだろう。
続きが気になる。

CLANNAD (クラナド)」

これ、地上波の「アニメシャワー」で観ていたの忘れていた。全部観たわけでもなさそうだったので観なおした。
泣かそうとしてるせいか、悲しいシーンがくどい。
CLANNADは人生だとしたら、人生に、そういうのは求めてないなぁ・・・。
面白いシーンは面白い。

それぞれ24分くらいで12話とか24話とかあることを考えると、ここ1か月半ほど、毎日アニメを何時間も観ていたことになる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。