胃カメラで悶絶。

1か月ほど前、酒の飲みすぎで胃の調子が悪かったので町医者に病院で胃カメラしてこいと言われて予約して1か月。胃薬はもらったので調子はマシになっている。昨晩は21時以降絶食だったが夕方寝したら寝坊したので、朝6時から絶食することになった。腹減った。
こういう決まった時間にコンディションを整えるのは苦手である。

r0016533

検査は朝10時。腹減ってパソコン作業する集中力もわかないので、はやいめだけど徒歩で病院に向かう。

r0016539

クスリ飲んで、苦い麻酔のスプレーして、胃カメラ。きれいなカネ持ってそうな大病院だし、何の疑問もなく最新の鼻から突っ込む胃カメラだと思っていた。
・・・黒くて太い、口から突っ込むタイプだった。
「おえーおえー」「反射が過敏ですね・・・」「おえーおえー」「空気入れますねー」「げっぷーおえーげぷーおえー」
甘く見ていた。
「次にやるときは、全身麻酔にするようにカルテに書いておきますね!」
最初からそうしてくれ。

r0016559

首から上の耳以外の全部の穴から汁が出た。私は人並み外れてオエッとなりやすい体質らしい。そんな気はしていた。子供の頃から発熱でも遠足のバスでもよく吐いた。

r0016542

帰りに途中にライフに寄って総菜を買う。法律の関係で店内調理品は仕出し業務扱いになってネットスーパーで売るのを規制されているそうだ。胃カメラ後は胃にやさしいものを食えとのことだが、そんなの知るか。腹が減っている。

食後にゴロゴロしてたら、地元の某氏よりシステム開発案件の引き合いがきた。
具体的になってきたら話が進むかもしれない。

r0016548

夕方から、歯医者さんに外れた詰め物を詰めてもらいに行き、

r0016551

福猫堂でコーヒー。インスタントじゃないコーヒー豆のコーヒーはおいしいな。
胃に管から水とか空気とかバンバン入れられたのが下からでてきはじめたのではやめに退散。

r0016556

ひととおりトイレに籠ったらおなかが減ったので晩ゴハン。
いま流行りのガッキーのドラマを2週前くらいから観はじめている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。