スーパー炊き込みご飯。

ライフネットスーパーでキノコやひじきが安かったので「スーパー炊き込みご飯」という料理のアイデアがひらめいた。一食分の食物繊維とタンパク質を摂取できるライスがあれば便利ではないか。薄味にしたら、ライスを代替できる雑穀米より高性能なものになるだろう。
ライスより具を多くするので、南の国の食べ物のようになるのは覚悟のうちである。

r0016563

5合炊き炊飯器で、ライス2合、キノコ3パック(えのき・まいたけ・しめじ)、乾燥ひじき(戻したやつ)1袋、うすあげ1袋、大豆水煮1袋、ゴボウとニンジンのささがき1袋。ショウガの残り(1/3くらい)、シマヤのカツオとコンブの合わせだしの残り(1/2くらい)。
鶏肉も入れようと思ったが、この時点であふれそうなのでナシにする。

レシピは、米2合とそのぶんの水を炊飯器に入れる。水を「だし汁」にするレシピが多いので、ダシの素をザラっと入れる。使いさしを放り込んだが、まる1袋入れても、別に入れなくても風味が変わるくらいだろう。

具は、よほど水っぽかったり乾いてたりするものを入れるのでなければ、そのまま放り込んでも炊き上がることは経験上わかっている。水が少ないと芯が残って炊飯に失敗するので、ちょっとべちゃっとするくらいでいいのだが、調味汁を入れると水分が多すぎになる。
なので、ボウルにザルを入れて、そこに具を入れて、みりんとショウユで少々味をつける。余分な水気はザルから下に落ちる。

r0016564

定価10何万円かの高級炊飯器だったからか、自動で普通に炊きあがった。
もち米でやってみたら面白いかもしれないな。
5合のうち2合しか米が入ってないけど、ライス感はそれなりに出た。
冷凍も効く。解凍するときに大豆が爆発するかもしれないけども。

r0016573

エノキとオクラのみそ汁、なんきん炊いて、うすあげと小松菜を炊いて、セロリをポッカレモンとポン酢でマリネして、浅漬けとトーフ出してきて並べたの。

肉なしでヘルシー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする