スーパーおから/84日ぶんの薬。

月曜日。前夜から、タイムラインに多量の寿司画像が流れていたため、寿司の口だった。ネットスーパーから荷物が届くのを待ってランチに繰り出す。週末は荒天でネットスーパーは満便だった。

近所の大吉寿司。みそ汁とミニそばの両方ついている。汁ものが2つあったらいけないという理由はない。

昨年折った右手が痛む。そういや最後に行ったときに1か月後に来いと言われてたのを思い出した。骨折は完全に治っていて、痛いのはマウスの使い過ぎによる関節炎だった。

外に出たついでに猫を触りに行く。

週末の京都競馬が悪天候で中止になったそうだ。荒れると予想して不人気な高齢馬に賭けていたぶんが返金された。

夜はスーパーから届いていた弁当。みそ汁だけ作った。店内調理の弁当はネットスーパーで売れないそうで、この日は弁当の選択肢ははこれしかなかった。弁当じたい無い日もあるので、あるだけマシである。

火曜日。ランチは「焼肉まるしま」の日替わり定食。おひつライスと丼浅漬け、ポットみそ汁と海苔がおかわりしほうだい。パスタの上に載ってるのはハンバーグとカレールーである。揚げ物はチキンカツ。おなかいっぱい。

昼に食べ過ぎたので、夜はあっさり。厚揚げと小松菜の炊いたん。

水曜日は、焼肉まるしまの向いの「わだち」。900円にしては彩りが寂しい気がするが、刺身は厚く量は充分である。ライス・みそ汁・キーマカレーが食べ放題だそうだ。がっつり系の店が並んでるのは、佐川急便の基地の近くだからだろうか。

ネットスーパーで、食材がいろいろ安かった。前回の「スーパー炊き込みご飯」をパワーアップして、ライスをゼロまで減らしたらどうだろうかと計画を立てた。舌触りが悪くなるのは想像できたが、スーパー食物繊維食材であるオカラを入れてみることにした。

オカラをよく炒る。戻したヒジキと切り干し大根も入れてさらに炒る。ニンジン・ゴボウ・鶏肉・うすあげ・大豆・エノキ・マイタケ・しめじ、を料理酒でチンして投入。

味付けは、鰹と昆布の合わせだしに、刻みショウガのスープ。

水分を飛ばして完成。具沢山の、薄味のオカラである。低カロリーで高タンパクな食物繊維の塊ができあがった。味を濃くしたらおかずになるけどこんなにいらない。ライスの代わりにするには食感がオカラである。ライスのおいしさは偉大である。

なんとなく豆腐ハンバーグの中身っぽいなと思ったので、卵と塩コショウとナツメグ入れて焼いてみた。豆腐ハンバーグに近い食物繊維の塊になった。オカラより豆腐のほうがおいしいぶん、豆腐ハンバーグのほうがうまい。

木曜日。病院にクスリをもらいにいく。84日ぶん処方された。

関西電力病院の近くには薬局が見当たらないので、近所の薬局に処方箋を持っていっていたのだが割と処方された薬を在庫してないので関西電力病院の人に近くの病院をきいた。いつも玄関だと思ってたところは裏口だったようだ。表に何軒も薬局が並んでいる。いちばん近いトコは混んでたのでちょっと離れた薬局でもらってきた。
いつもは中の島から歩いて帰ってくる途中にランチしてくるのだが、前日に食物繊維の塊を食べた腹持ちが良すぎて、おなかが減っていない。正確には、胃はグーグーなっているが腸が詰まってる感じがして食欲がない。ベンピで苦しいというのはこういうのをいうのだろうか。

ランチは抜きにして、ちょっと引っかけて帰る。猫がクスリの上に座りたがる。

ちなみに、このくらいの量である。

いっきゃんに頼んでアウディで荷物を運んでもらう。

夜になると、さすがに腹が減ってきたので、かつ丼。

おからバーグに比べると、かつ丼は消化が良く、深夜に小腹が減ってきたので、おからバーグを再び。こんどはテリヤキソースにした。

冷凍したのが、あと1.5リットルほどある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする