飲み食い歩き記3/15~16。

京町堀食べ納め計画、スタート。
昨日のランチは、銀行に行く途中にある、平野町「木偶の坊」の日替定食(魚)で、ハマチの塩焼き。「手作り小鉢3種」がついている。大根の皮とか使用済みダシ昆布の佃煮とかモヤシとか、節約レシピ感があるのが面白い。

猫たちとも別れを惜しむ。まぁ、ここは本町駅で乗り換えするときにちょくちょく寄るだろうけども。昼間っからアルコール休憩していると、何人かお誘いしたうちの1人から返信があった。明日休みで職場の飲み会の後なら昼まで付き合うという酒飲み女子である。

時間も時間だし、ヤツの飲み会はミナミだそうなので界隈からスタートか。Bar螺旋鋲螺のパソコン故障対応して、三ツ寺会館でハシゴし始めたら、なぜだかこんなことに。割と逸材かもしれない。

ハシゴは続く。オーダーは「旬のもの6貫」。このくらいで飲み疲れてきたので、いったん休憩。

今日のランチは、京町堀「ビストロ上方」のステーキランチ。頭が痛いとうなるヤツと、パワーをつけにいく。

あくび連発しながら昼酒。眠いので解散しようという話になる。まぁ、晩ゴハンでも行こう。辛口マーボドウフが食べたい口だった。すっきりしない胃が、刺激的でダシが効いていて、噛まなくてよくて消化にいいものを欲していた。

チョウザメがかわいい。

目的はこれである。靭本町「天伸」。ここのマーボドウフはうまい。「激辛」は辛さに強い店主が食えるけど腹をこわすという量のブートジョロキアが入っているという。前回は普通トウガラシ2倍で作ってもらったが、余裕があったので辛さのレベルアップして「ブートジョロキア通常の1/4」にしてもらった。

なかなか刺激的でうまかったが、これの4倍は無理そうな辛さだった。汗ダラダラ。

ギョーザは、豚肉感がなく、シーフード感がある。このくらいで解散して、寝て、起きて今。

さて、これの相手でもするか。運搬中にハードディスクをコンクリートの上に落としたから復旧は難しいかもしれない。

今週末の予定はないので、構ってくれる美女を引き続き募集します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする